©Umegaoka-itchome Dental Clinic

【マススピース矯正は痛すぎる⁉︎】治療前に知っておきたい原因と対処法とは

  • 歯列矯正
  • 2021/06/16

梅ヶ丘1丁目歯科 堀籠(ホリゴメ)です。

「マウスピース矯正は痛い」という言葉を耳にします。
歯列矯正を検討している方の中にも痛みが気になり、あと1歩がでないという方もいらしゃるでしょう。

結論から言うと、マウスピース矯正だけでなく歯列矯正で痛みを感じることはあります。今回は、なぜマウスピース矯正で痛みを感じるのか、痛みがでたときの対処法をご説明します。

マウスピース矯正中の痛みの原因は

一般的なワイヤー矯正に比べ痛みが少ないと言われるマウスピース矯正、個人差もありますが痛みを感じてしまう原因があります。

(1)歯が動いている

歯列矯正は、歯に圧力をかけ少しずつ歯を動かしながら歯並びを整えていきます。歯に圧力がかかるということは、歯を支えている骨にも影響を及ぼします。歯の動きに合わせて骨も再形成され痛みを伴います。

個人差もありますが、歯の動き出しが一番痛く、2〜3日程度で徐々に痛みは緩和、長くても1週間程度で痛みは治ります。どうしても我慢できない痛みが続く場合は歯医者に相談しましょう。

(2)マウスピース装着時に噛む

歯列矯正中は、歯に圧力がかかり続けています。お口の中が敏感になっており痛みを感じやすい状態です。硬いものを噛んだりすると上下の歯に強い力がかかり痛みがでます。

(3)新しいマウスピースを装着すると痛い

新しいマウスピースと交換するたびに痛いという場合は、歯が動ききってない可能性があります。この場合は、歯医者に相談することをおすすめします。

(4)舌や粘膜に当たり口内炎になってしまう

マウスピースの一部が舌や歯茎などの粘膜に当たり続けることで、傷をつけたり口内炎になってしまい痛みを感じることがあります。

この場合は、舌や粘膜に当たる部分を歯医者で調整してもらいましょう。

また、磨き残しの食べカスなどがあるままマウスピースを装着すると食べカスが奥に押し込まれ痛みを感じる場合があるので、食事後の歯磨きは丁寧に行い、デンタルフロスや歯間ブラシなどの補助器具を使い念入りにお手入れしましょう。

(5)外した瞬間に感じる痛み

マウスピースを外した瞬間に歯が元に戻ろうとする力が働くため痛みを感じる場合があります。

(6)久しぶりのマウスピース装着

久しぶりにマウスピースを装着すると痛みを感じる場合があります。これは「後戻り」という現象が起きているからです。

表側・裏側・マウスピース矯正等、どんな歯列矯正をしても歯が後戻りしてしまう可能性があります。後戻りを防ぐためには、「保定装置(リテーナー)」の装着をおすすめします。

これは、キレイになった歯並びを安定・維持させる大切な処置です。

マウスピース矯正で痛みが出たときの対処法

続きまして、マウスピース矯正で痛みがでたとき鎮痛剤を飲んだり、マウスピースに工夫を施したりする、自宅でできる痛みの対処法についてご説明します。

(1)鎮静剤を飲む

痛みを我慢できない場合は市販の鎮痛剤を飲んでみましょう。ただし、イブプロフェン(ロキソニン)などの解熱鎮痛薬が持つ抗炎症作用が歯の動きを妨げることがあるので注意が必要です

できるだけ、アセトアミノフェン(カロナール錠、コカール)など消炎作用がないものを服用しましょう。不安な方は事前に歯医者で痛み止めを処方してもらうと良いでしょう。

(2)食事に気を付ける

矯正中は、痛みを感じやすい状態になっているので、なるべく柔らかいものを食べるようにしましょう。おかゆ、麺類(長めに茹でる)卵料理、豆腐料理など。お肉が食べたい場合は、豆腐ハンバーグにしたり、フルーツはバナナなどが栄養もありおすすめです。

痛みが治ったらいつも通りの食事でも構いません。痛みの出ている間だけ柔らかいものを食べるよう心がけてください。

(3)1つ前のマウスピースに戻す

新しく装着したマウスピースが我慢できないほど痛い場合は、1つ前のマウスピースに戻してもOKです。歯が動ききってない可能性があるので、しっかりと歯を移動させてから新しいマウスピースに交換しましょう。この場合も念のため、歯医者でチェックしてもうらうことをおすすめします。

【まとめ】痛みを感じる=歯がしっかり動いている!

いかがでしたか?歯を動かす歯列矯正はどうしても痛みを感じてしまいます。
しかし、痛みを感じるということは、歯がしっかり動いている証!

歯列矯正が終了したとき、痛みを我慢してよかったと思える美しい歯並びが待っているので、くじけず治療を継続しましょう。
どうしても我慢できない場合は歯科医に相談してください。

マウスピース矯正なら梅ヶ丘一丁目歯科!

当院では、「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置(スマイルトゥルー)」を採用しています。
スマイルトゥルーは、ワイヤー矯正に比べ痛みが少ないと言われており、薄くて透明、目立ちにくいデザイン、違和感やストレスが少ない、取り外しが可能、いつも通りの歯磨きができるなど多くのメリットがあります。

歯列矯正をお考えの方はまずカウンセリングから!

不安なことや疑問を解消していきましょう。
気になる方はいつでもご相談ください。

【おすすめ記事】歯にも寿命がある!注意したい歯の老化、年齢を重ねると口の中はどう変化する

画像:Alexander Sobol/shutterstock
画像:chainarong06/shutterstock
画像:kei907/shutterstock

梅ヶ丘一丁目歯科 院長 堀籠眞一(ほりごめ まさかず)
経歴
松本歯科大学を卒業
医療法人社団 歯友会「赤羽歯科」
医療法人社団 友伸会「仙川町歯科クリニック」
両院併せて30年以上、歯科診療に携わる。

大手の歯科医院勤めにより先進技術・先進医療を取得。
学会にて常に新しい治療方法を学んでいる
モットーは『自分の歯で一生を過ごす為の治療』

慣れ親しんだ梅ヶ丘という地で開業し、皆様に愛される地域に根付いた歯科医院を目指しております。

INFORMATION

梅ヶ丘一丁目歯科

住所

東京都世田谷区梅丘一丁目16番3号 木村ビルディング1階

Google Map
アクセス

小田急線梅ヶ丘駅南口を出て徒歩5分
梅ヶ丘商店街の中にあります。
駐車場はございませんので近隣の駐車場をご利用ください。

03-6413-6811
診療時間
午前 10:00
|
12:30
10:00
|
12:30
10:00
|
12:30
10:00
|
12:30
10:00
|
15:00
10:00
|
15:00
午後 14:30
|
20:00
14:30
|
20:00
14:30
|
20:00
14:30
|
20:00

診療は予約優先となります。
各種保険診療も行っておりますので当日は保険証をご持参ください。
※診察日時は変動する場合がございます。