©Umegaoka-itchome Dental Clinic

白い歯を守ろう!知っておきたい【着色しやすい食べ物や飲み物】

  • 歯の豆知識
  • 2021/04/19

着色しやすい飲食物

梅ヶ丘1丁目歯科 堀籠(ホリゴメ)です。

にっこり笑ったときに見える「白い歯」は清潔感もあり憧れますよね。
身だしなみに気を遣っているんだろうと良い印象を与えてくれます。

反対に、口を開けて笑えない茶色や黄色に着色した歯。
「汚い」、「不潔」という印象を与えてしまう恐れがあります。

着色した歯を見せて笑うより、白く輝く歯で思いっきり笑いたいもの。
今回は、白く輝く歯を保つためにも気をつけたい「着色しやすい飲食物」のお話です。

なぜ歯に色が着くの?

歯に色がついてしまうことをステイン(着色汚れ)といいます。
そもそもなんで歯に色がついてしまうのか。
大きく分けて二つの原因があります。

(1)外因性ステイン
食べ物、飲み物の色素、タバコのタール(ヤニ)、虫歯、歯石を溜めると着色してしまいます。

(2)内因性ステイン
歯のエナメル質の形成の異常、加齢、失活歯神経活動が停止、または神経が死んでしまった歯)などがあげられます。

着色しやすい人の特徴

(1)お茶類、コーヒーをよく飲む。

お茶類に含まれるタンニン、コーヒーに含まれるカフェインなどが色素が沈着をおこします。タンニンは、一旦着色すると歯みがきで落ちにくいので注意してください。

(2)色の濃い食べ物を好む。

カレー、ミートソース、などが洋服についてもなかなか落ちませんよね。これは歯も同じです。色の濃い食べ物や飲み物そのものの色が着色汚れとなってしまいます。

(3)喫煙者。

タバコのはタールという成分がヤニになり、歯にベットリこびりつきます。

これは歯みがきで落とすことは難しく、歯科医院での定期的なクリーニングしかありません。
タバコを吸う本数が多ければ多いほど着色しやすくなるので注意しましょう。

(4)歯石が溜まっている。

歯石が溜ると歯の表面がざらつきます。そのざらつきに汚れが絡まり着色してしまいます。

(5)口呼吸(ドライマウス)

口呼吸をすることでいつも口の中が乾燥気味になってしまいます。唾液の持つ自浄作用が機能せず、食べ物や飲み物の色が歯の表面に着色しやすくなります。

(6)力を入れて歯みがきをする。

研磨剤入りの歯磨き粉を付け力を入れて歯磨きをすると、歯の表面に細かい傷がたくさんついてしまいます。その傷から飲食物の色素が入り込んで着色していきます。

(7)研磨剤の入っていない歯磨粉を使っている。

研磨剤の入っていない歯磨粉を使うと歯に傷を付けないので良いと思われがちですが、長期間使っていると一般的に着色しやすいと言われています。

着色しやすい食べ物編

画像:shutterstock

歯に着色しやすい食べ物の代表的なのがカレーライスではないでしょうか、カレーライスに使用されるターメリックが着色の原因になります。

意外かと思われますがニンニクやネギ、玉ねぎも歯に色を付けてしまいます。実は、ニンニクやネギなどに含まれる硫黄が着色の原因と言われています。では、他にどんな食べ物が着色しやすいのかお届けします。

(1)ポリフェノールを多く含む食品

ブルーベリー、いちご、ぶどう、チョコレートなどポリフェノールを含む食べ物は着色の原因になります。

(2)イソフラボンを含む食品

豆腐、納豆、豆乳、きなこなどのイソフラボンもポリフェノールの一種になり着色の原因になります。
豆腐や豆乳など白い色が着色の原因になるとは驚きですが、歯を黄ばませてしまうので注意が必要です。

(3)酸性食品

梅干し、レモン、ゆず、みかんなどの酸性食品は、着色を助ける「着色補助食品」と呼ばれています。
酸性の物をよく食べると歯の表面のミネラルが溶ける脱灰という現象が起こり、その部分が着色しやすくなります。

(5)緑黄色野菜

にんじん、ほうれん草、小松菜なども着色しやすいと言われています。健康にいい食べ物なので意外ですが、濃い色の野菜は唾液にも色がつきやすく、その唾液の色が歯に着色してしまうのです。

着色しやすい飲み物編

コーヒー・コーラ・ウーロン茶・赤ワイン、お茶、マテ茶、紅茶、ココア、ビタミンCを含んだ栄養ドリンク、炭酸飲料なども着色しやすいので注意しましょう。

着色しやすい調味料編

醤油、味噌、ソース、ケチャップ、お酢なども着色しやすいとされています。

着色を防ぐために

画像:shutterstock

白い歯は魅力的ですが、普段の食生活で着色汚れが(ステイン)がつかないようにするなんて、正直ほぼ不可能です。一体、何を食べたらいいの!という気分になりますよね。

たった一回食べただけで目に見えて着色することはないのですが
大切なのは、普段からのお口のセルフケアとプロフェッショナルケアの両方です。セルフケアとして、色の濃いものを食べたら食後30分待ち歯磨きやうがいをしましょう。
食後すぐから20~30分以内は唾液の分泌量が多くなり、口の中をきれいに洗い流してくれるので
30分ほど待って歯磨きをしてください。
喫煙習慣のある人は特に気をつけてください。喫煙は、着色だけでなくお口への悪影響がてんこ盛り!
健康のためにも、禁煙にチャレンジしてみるのもおすすめです。
着色は歯垢や歯石とは違いお口の病気の原因にはなりません。
しかし、着色が多いと不健康や不潔な印象を周りに与えてしまいます。
歯の着色汚れでくすんでしまうと大きく口を開けて笑えなかったり
ハキハキと話すことも気を遣ってしまいます。
口元が暗くなるだけでなく、心理的にも影響を与えてしまうケースもあります。
そうなる前に、歯科医院でのプロフェッショナルケアを定期的に受けることが大切です。
歯のクリーニングや検診をすることで歯の健康、白い歯を保つことができます。
歯の色や変色など気になる方は気軽にご相談ください。
画像:Re_sky/shutterstock
画像:from my point of view/shutterstock

INFORMATION

梅ヶ丘一丁目歯科

住所

東京都世田谷区梅丘一丁目16番3号 木村ビルディング1階

Google Map
アクセス

小田急線梅ヶ丘駅南口を出て徒歩5分
梅ヶ丘商店街の中にあります。
駐車場はございませんので近隣の駐車場をご利用ください。

03-6413-6811
診療時間
午前 10:00
|
12:30
10:00
|
12:30
10:00
|
12:30
10:00
|
12:30
10:00
|
15:00
10:00
|
15:00
午後 14:30
|
20:00
14:30
|
20:00
14:30
|
20:00
14:30
|
20:00

診療は予約優先となります。
各種保険診療も行っておりますので当日は保険証をご持参ください。
※診察日時は変動する場合がございます。