©Umegaoka-itchome Dental Clinic

大人になってからでもできる!歯列矯正の種類やメリット・デメリット

  • 歯列矯正
  • 2021/06/27

梅ヶ丘1丁目歯科 堀籠(ホリゴメ)です。

「歯並び」を気にしている方はたくさんいます。

大人になって歯の大切さを知り矯正をしたくても「矯正は費用や時間もかかる」、「歯に矯正ワイヤーをつけたまま仕事に行くのは…」と迷っている方も多いと思います。

そこで、今回は歯列矯正のメリットデメリット、種類などをを詳しくお届けします。

歯並びは治した方がいいの?

歯並びを治した方がいいのか、大人になっても矯正した方がいいのかと問われると、多くの歯医者は「YES」と答えるでしょう。

歯並びを治した方がいい理由

(1)虫歯になりやすくなる

歯並びが悪いと虫歯になりやすくなります。歯磨きをしても歯垢(プラーク)や食べカスが残りやすく、結果的に虫歯になりやすくなってしまうのです。

(2)歯周病になりやすい

虫歯になりやすいお口環境は歯周病にも進行しやすい環境になります。

(3)顎関節症になりやすい

一概にはいえませんが、歯並びが悪いと効率的にものを噛むことができないだけでなく、偏った力が顎の関節に伝わり、顎関節症や顔のゆがみ、頭痛や肩こりなどの原因にもなります。

(4)見た目が悪い

歯並びを気にする方の多くは見た目を気にしています。確かに、歯並びが悪く大きな口を開けて笑えない、歯並びが気になって会話に積極的になれないという方がいます。

他に、口臭や発音なども歯並びは関係しています。歯並びを治すことでさまざまな問題も解決できるのではないでしょうか。

歯列矯正のメリット

歯列矯正にはどのようなメリットがあるのかみていきましょう。

(1)見た目が良くなる

歯並びが美しくなると見た目が良くなり、大きく口を開けて笑う、会話が楽しいなど、積極的に人とコミュニケーションをとることができます。

(2)お口の健康を維持できる

歯並びを治すと、虫歯や歯周病のリスクも下がり、お口の中を健やかに保つことができます。

(3)発音が明瞭になる

歯並びの改善、発音や発声を明瞭にしてくれ会話もスムーズになります。

(4)顎の関節の負担が減る

歯並びの改善は、顎の関節、筋肉などへの負担を軽減してくれます。

歯列矯正のデメリット

歯列矯正にはどのようなデメリットがあるのかみていきましょう。

(1)時間がかかる

個人差もあるのですが、少しずつ歯を動かしていくので長い治療期間が必要となります。

(2)費用がかかる

審美や予防目的の歯列矯正は、医療保険の適用外となり高額な治療費がかかります。

(3)痛みを伴う

矯正器具を装着することで、歯に圧がかかり痛みや違和感をともなわいます。痛みの感じ方にも個人差があるのですが、痛みは2〜3日でなくなるという方が多くみられます。

(4)虫歯になりやすい

矯正器具を装着中は歯ブラシが届きにくい環境になり虫歯になりやすくなります。正しい歯磨きを行うためにも歯医者でブラッシング指導を受けましょう。

歯科矯正の種類

(1)ワイヤー矯正(表側矯正)

ワイヤーを使用した一般的な矯正方法です。金属製や透明、セラミック製、白のブラケットなどの種類があり、少しずつ歯を動かしなら矯正していきます。ワイヤー矯正は幅広く適応し効果も高い治療法です。

(2)裏側矯正(ブラケット装置)

歯の裏側にブラケットを装着する矯正方法になります。最大のメリットは矯正器具が見えないこと。接客業の方や矯正を人に知られたくない方におすすめです。

ただし、舌に触れやすく器具を装着した当初は違和感があり慣れるまで若干、時間を要します。また、費用も他の矯正に比べ割高になります。

(3)部分矯正

前歯だけ、特定の歯だけを矯正する部分矯正。主流はブラケットとワイヤーになり、全体の歯列矯正よりも期間も短く費用も安い特徴があります。ただし、歯並びにより部分矯正が難しい場合もあるので治療前に相談してください。

(4)マウスピース矯正

ご自身の歯にあったマウスピースを作り装着する矯正方法です。歯が一定量動いたら次のマウスピースに交換するということを繰り返しながら矯正していきます。

透明なマウスピースは、ブラケットやワイヤーを接着する矯正に比べ、目立ちにくい特徴があります。

(5)セラミック矯正

一般的な矯正とは異なるセラミック矯正とは、セラミックの被せ物を装着し歯の形や大きさ、ちょっとした歯並びの乱れを改善する治療法です。

費用はどのくらいかかるの?

おおよその費用ですが、ワイヤー矯正(表側矯正)70万〜105万円。裏側矯正(ブラケット装置)は100万〜150万。部分矯正30万〜60万円。マウスピース矯正90万円〜110万円。セラミック矯正はセラミックの種類により費用も変わりますが1本当たり4〜10万円です。(こちらの費用は一般的な相場です。)

他にも初回カウンセリング料金や、歯列矯正が必要かどうかの検査、レントゲンなどの精密検査の費用が別途必要になります。

また、虫歯や歯周病などがあると治療してから歯列矯正の治療になるので、その場合は治療費も必要となります。想像していたよりも費用がかかったとなる前に、カウンセリングや治療前に医師に相談することをおすすめします。

矯正で美しい歯並びに!

 

矯正は時間も費用もかかります。しかし、得るものも大きく美しい歯並びは、健康維持、コンプレックスの克服、心理面にも良い影響を与えてくれます。

歯並びを放置することでお口の中だけでなく、全身に悪影響を及ぼす場合があるので。できるだけ早めの治療が大切です。

当院では最先端のマウスピース矯正を18万円からご用意しています。
歯並びが気になる方はいつでもご相談ください。

【おすすめ】噛むことが健康な体を作る!みんなで学びたい「ひみこの歯がいーぜ!」

画像:kei907/shutterstock
画像:sujit kantakat/shutterstock
画像:REDPIXEL.PL/shutterstock

梅ヶ丘一丁目歯科 院長 堀籠眞一(ほりごめ まさかず)
経歴
松本歯科大学を卒業
医療法人社団 歯友会「赤羽歯科」
医療法人社団 友伸会「仙川町歯科クリニック」
両院併せて30年以上、歯科診療に携わる。

大手の歯科医院勤めにより先進技術・先進医療を取得。
学会にて常に新しい治療方法を学んでいる
モットーは『自分の歯で一生を過ごす為の治療』

慣れ親しんだ梅ヶ丘という地で開業し、皆様に愛される地域に根付いた歯科医院を目指しております。

INFORMATION

梅ヶ丘一丁目歯科

住所

東京都世田谷区梅丘一丁目16番3号 木村ビルディング1階

Google Map
アクセス

小田急線梅ヶ丘駅南口を出て徒歩5分
梅ヶ丘商店街の中にあります。
駐車場はございませんので近隣の駐車場をご利用ください。

03-6413-6811
診療時間
午前 10:00
|
12:30
10:00
|
12:30
10:00
|
12:30
10:00
|
12:30
10:00
|
15:00
10:00
|
15:00
午後 14:30
|
20:00
14:30
|
20:00
14:30
|
20:00
14:30
|
20:00

診療は予約優先となります。
各種保険診療も行っておりますので当日は保険証をご持参ください。
※診察日時は変動する場合がございます。